子どもに通わせたい英会話教室

レッツ・スタディ・イングリッシュ!

大きく変わる小学校の英語教育

今どきの英会話教室は0歳から

一般的に習い事は、3歳くらいから始めさせることが多いといわれています。
たいていの英会話教室でも、3歳からというのが主流です。
が、1歳以下からのベビー教室を設けている教室もあります。
赤ちゃんは、喋ることはできなくても、聞く能力に優れています。
なので、音楽や英会話などは、0歳から始めるとよいといわれています。
習うというよりも、慣れる、触れるという感覚でしょうか。
モスキート音にいわれるように、年齢を重ねるにつれ、高い音(周波数)が聞き取りにくくなります。
英語の方が高い音を使います。
しかし、訓練次第で聞き取りの力を身につけることができます。
お子さんが小さいうちから英語の音楽を流す、英語の動画やTVなど、音が流れる状態をつくるだけでもよいでしょう。

始めるタイミングによって変わる学習方法

一般的に6歳までの子どもは、スポンジで吸い込むように吸収するといわれていますが、0歳から3歳までの子どもは、良い悪いに関わらず、周囲のものすべてを吸収するのに対し、3歳からの子どもは、自分で情報の取捨選択ができるようになります。
そのため、子どもが「これがやりたい」という気持ちを尊重することが大切です。
この頃から英会話を習う際、お子さんが、「楽しい」「やりたい」という気持ちがどれだけ持てるかが重要になってきます。
そしてこの時期は、聞いた音をそのままコピーする能力にすぐれています。
英語学習を始める年齢、時期によって、それに応じた学習方法に対応した教室をえらぶことによって、お子さんの学習能力を高めることが出来るようになると思います。